シークレットブーツ モテアイテム

シークレットブーツを快適に履きたい!疲れない方法をご紹介

更新日:

 

シークレットブーツって疲れないの?

Mr.Rightのお客様から、このような質問があります。

「シークレットブーツって疲れないんですか?」
「シークレットブーツを履いたら足が痛くなりそう……」

シークレットブーツは、インソールと呼ばれる上げ底がシューズの中に入ったもの。
そのインソールはつま先からかかとにかけて高くなっており、緩やかな傾斜があります。

つまり、女性がヒールの靴を履いた時と同じ状態になるわけです。
男性はヒールの靴を履く機会がないので、どんな感じかあまり想像がつかないですよね。
皆さんが心配に思うのも無理はないと思います。

ですが、Mr.Rightのシークレットブーツはその点も考慮して、極力足に負担をかけないように製造されています!
実際に購入していただいたお客様からも、「思ったより疲れない」「普通の靴とあまり変わらない」と言っていただくことが多いです。

とはいえ、感じ方は人それぞれ個人差がありますし、購入する靴の種類や高さによっても履き心地は異なってきます。
普通の靴と比べると、やっぱり疲れやすかったり履きづらかったりしてしまうことはあります。

そんな方も、ちょっとした工夫をすることで大幅に履き心地を改善できるんです!
今回は、履き慣れないシークレットブーツを快適に履くことができる、疲れにくい方法をご紹介したいと思います♪

 

シークレットブーツ、疲れにくくするためには?

ちなみに、女性もヒールを履くのは疲れます。
もちろん全く疲れない人や、普段から履き慣れているから平気という日ともたくさんいますが……

トット
私は休日に時々履いたりする程度なので、やっぱりスニーカーを履くのと比べると疲れてしまいます。
オシャレは我慢……ということで頑張って履いてますが。

そんな風に女性がヒールを履く中でも、なるべく疲れないように工夫したりします。

今回ご紹介するのはそんなときに使える3つの方法。
シークレットブーツにも応用してみてください♪

 

1.自分に合ったサイズを選ぶ

選び方 サイズ

まずは購入する前に気を付けるポイントなんですが、自分にピッタリのサイズのシークレットブーツを選ぶことです。
当たり前のことじゃない?と思われるかもしれませんが、実はとっても重要です!

少し窮屈だと、足を締め付けてしまって痛くなる原因になります。
反対に少し大きめだと、インソールに傾斜があるため足がつま先の方に寄ってきてしまい、歩きにくいだけではなくつま先に負担がかかってしまうこともあるんです。
大きすぎず小さすぎない、ぴったりフィットするサイズを選ぶことが大切なんです。

ちなみに、Mr.Rightのシークレットブーツは海外から輸入している商品のため、サイズ表記が日本のものとは異なるUS表記になっています。
目安として日本のcm表記も書いていますが、購入の際は注意してくださいね。

トット
サイズの選び方についてはこちらの記事に詳しく書かれていますのでご覧ください!
【選び方】自分に合ったシークレットブーツをお選びいただくために・・・

シークレットブーツを初めて買おうとしている人、以前シークレットブーツを買って失敗してしまった人のためにシークレットブーツの選び方をまとめさせていただきます。 フジ子インソールのため、安定感もありますし ...

続きを見る

 

ネットでの購入はサイズが分からなくて心配……

でも、インターネットで靴を購入するのって不安ですよね。
普段自分が履いているサイズを買えばいいと言っても、その商品によってサイズ感が違っていたりすることもあるし、ましてや海外のサイズだとさらに失敗が怖いし……

でもご安心ください!
Mr.Rightでは、サイズ交換を1回無料で行えます!

このサイズで大丈夫だと思ったけど、もうワンサイズ小さい方が良いかも……
届いて履いてみたら、足が入らなかった!

そんなことがあっても大丈夫です♪

 

2.歩き方に気を付ける

かかとの上がった靴を履くとき、普段と違った履き心地になりますよね。
歩き方もぎこちなくなってしまいがちですが、その歩き方によっても足に与える負担が全然違うんです!

シークレットブーツを履いて歩く時のポイントを3つご紹介したいと思います。

重心はかかと側に

シークレットブーツはインソールに傾斜があるため、前に重心がきてしまいがち。
前のめりになるのではなく、少しかかと側に重心がくるように意識してみてください。
最初は慣れないかもしれませんが、履き慣れると簡単にバランスがとれるようになりますよ。

 

ひざを伸ばして歩く

もちろん足を前に踏み出す時はひざが曲がってしまうので、常にひざを伸ばして!という意味ではありません(笑)
これは猫背な方にありがちなんですが、腰が落ちてひざが曲がってしまいます。
その状態で歩くと、重心が偏って足に負担がかかりやすくなります。

また、せっかくシークレットブーツを履いているのにスタイルが悪く見えてしまいますよ!
背筋を伸ばして、少しひざを伸ばすイメージで歩いてみてください!

 

歩幅は小さめに

履き慣れない靴なのに大股で歩いてしまうと、疲れやすく足を痛める原因になってしまいます。
慣れないうちは少し歩幅を小さくして歩くと、安定しやすく疲れにくいですよ。

また、猫背にもなりにくいので、先ほど説明したひざが曲がった歩き方になってしまうのを防ぐこともできます。

 

3.インソールを調整して負担のかからないシューズに

市販の中敷きなどを利用することで、足の負担を減らすシューズにすることができます。
どんな中敷きを選ぶかですが、つま先の方に重心がかかって痛いということであればつま先にクッション性のある中敷きを入れると良いと思います。

また、土踏まずの位置にクッションがある中敷きを利用するとフィット感が増すので、足がつま先側に寄っていくのを防ぐことができますよ。

また、以前テレビでハイヒールを履きやすくする方法が紹介されていたのですが、中敷きの代わりに耐震マットを使うと良いそうです。

足シルエット

画像のこの位置、かかとより少し前のあたりにくる場所に、耐震マットを貼るだけでOK。
耐震マットは滑り止めの効果が高いため、足が滑って前に寄ってしまうのを防いでくれます。
100円ショップなどでも手軽に購入できるので試しやすいですね♪

トット
女子の中では結構有名な対象方法♪

 

工夫次第で、快適な履き心地に♪

初めてシークレットブーツを履くという方は、履き心地や疲れにくさが心配ですよね。
慣れない靴を履いて出かけるのはそういった不安がつきもの。
今回ご紹介した方法を実践して、少しでもその不安を解消してみてくださいね!

また、たくさん歩いたり長時間立たなければいけない日は避けて履く慣れないうちは6cmアップの商品から始めるなど、疲れやすい状況を避けるのも大切。

せっかくシークレットブーツで身長が高くなれるんだから、履き心地も快適にお出かけしましょう♪

 

バナー

<関連記事>

⇒ シークレットブーツの仕組みってどうなってるの?徹底解説!

⇒ 【選び方】自分に合ったシークレットブーツをお選びいただくために・・・

⇒ お客様からのよくある質問にお答えします!

⇒ 歩きやすい!バレない!シークレットブーツとプラットフォームシューズは相性バッチリ

⇒ シークレットブーツ、バレない高さは何cm?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
トット

トット

趣味はカフェ&雑貨屋めぐり。好きなタイプはリードしてくれる人。男性は見た目に気を遣おうという心があれば誰だってカッコよくなれると思っています。モテる努力は恥ずかしいことではありません!

-シークレットブーツ, モテアイテム
-,

Copyright© 女子が教えるモテる男講座モテルメン , 2019 All Rights Reserved.